クロアチア2日目<午前>

 朝、早めに起床~♪

身支度をしてホテルのレストランへ。
入り口で名前くらいチェックされるんか?と思っていたのにスル~

ありゃ、近くのSOBEで泊まって
知らん顔で入ってもわからへんかも・・・・

きっと外人タイムっちゅーのは、夜は遅くて朝遅い
んやろなぁ。閑散としてたので、チョイ寒かったけど外のテラスを陣取る。
c0106372_20592519.jpg

いや~さすが☆☆☆☆☆
朝からモリモリ食べてしまいました!
腹ごしらえしたとこで、ちょいとホテルを散策
c0106372_210596.jpg

朝、出るときにコンシェルジェ(そんなええもんかしら?)のおねーさんに
目的のレストランの場所を確認して(というかプチが←英語交渉係)また歩いて旧市街へ。
お天気の海、キレイしのんびりしてええわぁ~~
c0106372_2145685.jpg

と、そこになんか奇声が。
なんやろな、この奇声。
海辺であそんどる子供かいな?

と思っていたら犯人はコイツら(笑)
c0106372_214393.jpg

おぅおぅおぅ~朝からお熱いねぇ!!
お若いお二人さんよぉ~(爆!)
見つけた二人は大爆笑!!

そしてアッハ~ン♪ なカモメ2匹の横に、ぽつねんと佇む1匹・・・
おい、君、お邪魔ですがな
場の雰囲気を察しなはれ(笑)
(というあたしたちも覗き見魔)

c0106372_2171680.jpg

c0106372_218395.jpg

覗き魔二人は城壁に登ることにしました。
ここを1周するには結構時間がかかるとドブちゃんに行った人のブログに書いてたもんで。
ちょうどあいたばっかりみたいで、てくてく登っていきました。

<注意>
ここに登るには絶対スニーカー等、滑らない&疲れない靴がよい!!

朝早いせいか、人もすくなくてええわぁ~
c0106372_21111032.jpg

c0106372_21114680.jpg

c0106372_2335456.jpg

登ってくるのは外人ばかり。大体2~4人の団体でやってくるのだけど
何せご老体(笑)←ドブちゃんにはフレッシュな若者はおらず!
のんび~りペースだけど、あたしたちはホラ、日本人だから(笑)
カメラがしがし撮影しまくり!!

この城壁は道が細い!
まぁ2人ないし1人で歩きましょうってとこやな・・・
それに案外急な階段だのあって、なかなかスリリングなところもあるのですよ!
c0106372_21244775.jpg

c0106372_21274374.jpg

c0106372_21301077.jpg

最初はこんなかんじでオレンジの屋根の城壁の中の町並みが見れます。
c0106372_21353783.jpg

背後の山に立っているポールはケーブルカーのもの。
1990年まではケーブルカーで登山できた模様。
でも内乱でぶっ飛ばされたらしい。
そしてこのお山。
ただの山と思うなかれ!!

・・・・・「地雷山」
なんでも、登山道を一歩でも外れると地雷注意の標識があってボッカン、いてまうらしいっすよ。まだまだカンボジアだけでなく、こういった場所にも戦争の爪あととして地雷が埋まっているんですよ。のどかな観光地には想像できない事実であります。
c0106372_21361247.jpg

今度は山を背に、海に向かっててくてく。
c0106372_21371931.jpg

c0106372_2138766.jpg

c0106372_21384117.jpg

きれ~な海と、旧市街の通りなんかが見えます。
でも、戦争の爪あとはこんな場所にもまだ残されてるんやねぇ・・・
c0106372_21395362.jpg

c0106372_21401827.jpg

この日は金曜日の早朝なんで人もこんだけ。
でも、土曜日になるとこの通りはわんさか人が増えます!
(でも、くどいようですがフレッシュな若者はいません)
現地ツアーかな?
団体が説明を聞いていました。日本人団体もおりましたが、もう一目で解るって!

日本人団体ツアーの掟
・おばはんは、オバハン帽もしくはサンバイザー着用のこと
・おっさんは帽子、ベストを着用のこと
・リュックサックが手が空いてよろし(観光地で治安はよい)肩からはショルダー、手にはデジカメを
・おばはん(50歳以上)は日焼け防止に白手袋着用のこと


最後の日、うろうろしとったらバリ日本人のオバハン2人に話しかけられて
店の場所聞かれたけど、勿論手袋着用しとりましたぜ・・・

c0106372_21494858.jpg

c0106372_21505191.jpg

海側を歩いてたら、もう暑いのなんのって!!
喉がかわくぅ~
と、壁の下、海の傍に御茶所を発見!!
あぁ~いきてぇ~
しかし、この場所、一旦城壁を出ないといけない所でした(無念)
c0106372_21524473.jpg

c0106372_2153258.jpg

海側は内乱でも建物が残っていた所が多かったのか?
山側よりものんびりした(というよりしんなり?)雰囲気。
風にたなびく洗濯物、パンツの群れがはためいています。
このお国ではパンツは白!!男はブリーフ!!
ってカンジですなぁ・・・(グンゼ万歳!)
c0106372_21563480.jpg

c0106372_21572428.jpg


もう、この辺になってきたら、飽きた&暑い&喉渇いた
で、降りたくて仕方ねぇっす!!
で、降り口ですが最初みつけた場所から降りないと、また更に歩かされる事になります。
要注意。
散々歩いてやっと水分補給。
またアイスやに直行(笑)

ただいま、この日焼けのせいで顔面脱皮中。
えらいことに。
日焼け止め塗ってたけど、ここは志村・殿フェイス並にぬりぬりして行かねばなりません。
[PR]

by skyneko | 2007-05-12 22:00 | クロアチア
line

旅好き猫の旅日記!!自己の回顧録ゆえたまに時間を遡ります。


by skyneko
line