カテゴリ:Trier (独)( 2 )


Trier

さてさて、ホテルにチェックインは予め予約してあるのでスムーズに出来たとして。
渡されたのはカードキーではない「鍵」なのだ。

ワタクシ、この海外の鍵は非常に苦手である。
大体、かちっと回してぱっと開くことはなく押したり左右にカチカチ回しまくったり大体5分以上は格闘するのである。
案の定、扉の向こうの世界は遠かった・・・

ガチャガチャ・・・・あかん。
押しても引いてもアカン
でも格闘するうちに「もしやこうかい?」という方法がわかってきてなんとか開いた。
c0106372_072679.jpg
c0106372_073666.jpg

バスルーム、ひろーい!!
唯一このホテルは枕の上にウェルカム御菓子が置いてありました(笑)
それは後日貴重な朝食となることをこの時は知らない(爆)

荷物を置いて、早速散策でーい!!
このホテルは隣がスーパーマーケットなのでとっても便利ですぜい。
ポルタニグラのある横断歩道を渡ったら市街地でお店いっぱい♪
c0106372_093543.jpg
c0106372_095187.jpg

c0106372_0275180.jpg

時間が遅かった(19時くらいかなぁ?)ので、店は閉店しかけ。
これはなんだったかな?
c0106372_0105737.jpg
c0106372_0111162.jpg

更にてくてく散策。
c0106372_011381.jpg
c0106372_0115328.jpg

これは「いえーい、観光地散策~」ではなく実は美味い店を探しにいって道中あったもんである。
ちょうどトリアーに住んでる日本の方のブログを発見し、美味い店っちゅーのをプリントアウトしていったのだが・・・
閉まってる。
あれ~?と思ってたら通りすがりのジャーマンが話しかけてきたので聞いたら
「今日はこの店、お休み~」だって。
トホホ。リーズナブル&美味い店って書いてあったのに・・・・
(でももしかしてこのお店、急に潰れたのかも。参考にしていた人のブログに店名こそないが食料品店併設のお店が急に潰れたと帰国してみたら書いてあった)
それで急遽、テキトーのその辺の店に入ったら・・・
「Do you have English menu?」
「no!!」

えぇぇぇぇぇぇ~~ドイツ語かいなぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ(悲惨)
c0106372_0165153.jpg

とりあえず「スモールモーゼルワイン、プリーズ!」
とちゃっかり酒は頼んで、一所懸命ドイツ語会話本にわずかにかかれた「ブタ」とかメニューの単語を解読しようにもさっぱり。
c0106372_031256.jpg

「魚が欲しいんじゃ~」というと「ここ」というけどメニュー3つ4つあるし意味不明。

c0106372_0195896.jpg
見かねた隣のテーブルのファミリーのお嬢さんが
「これがブタで~これがチキンでこれがラム」
とか教えてくれた。が、英語。解ったようで半分解ってない。
ん~じゃブタでえええわ~コレ~って頼んだら
「魚ちゃうよ?」
もうええねん、魚は!!!!!

で、隣のテーブルの人たちはサラダのお皿があったので「ワシも葉っぱ食いたい~」と思ったのだが2つあるうち2ユーロだけ高い方にしてみたら、きたんコレやった。
c0106372_021842.jpg

ポテトはいらんが、アスパラ大好き~ウヒョ~~♪♪
スパルゲルさん、コンニチハ。
でも今後、店の入り口に美味そうなアスパラのポスターはあるもののメニューでスパルゲルを発見できず。
しかし皆さん、親切~~♪
ファミリーが帰るとき「ありがとね~ばいばーい」って嬉しそうに手を振るアホな日本人1名。

ワタシは全くこういうレストランに入るのに抵抗はないのだ。
言葉がわからんというより、ガマンして美味しいもん食べ損ねるのはいやじゃ!という根性から
「ハロ~♪一人でもいいかしらーん♪」
と嬉しそうに入っていってメニュー見て解読できず青ざめるのである(苦笑)
でも結果オーライ♪

で、帰って風呂入って、ウォークマンにいれといた「風のガーデン」を見て寝る(笑)

翌朝。朝食にいったら出遅れた感(8時半くらい)
皆、朝早いねん~バイキングでめぼしいものは少なくなっていた。
が、一通りは堪能。すぐ隣のスーパーでお買い物♪
そんでチェックアウトして荷物を快く預かっていただき、再び散策へいくも雨が降ってきた。
c0106372_0302757.jpg

c0106372_0324362.jpg

ワインスタンド。寒いから飲む気にもなれず・・・・
c0106372_0331953.jpg

ホテル隣のスーパーのパンや。美味そう~
c0106372_0335314.jpg

何か間違ってやしませんか?何か・・・大きく・・・なんかを・・・・
c0106372_0343284.jpg

トリアーはショップが多く、服やが多いのでどうも服やめぐりになってしまった(^^;)
c0106372_035187.jpg

c0106372_0353648.jpg

歴史のある街なので、史跡を訪れようとしたのだが、雨が酷くなる一方。
カールマルクスの生家のある辺りでバス停は発見したものの「家はどこ?」
行きたい史跡もすぐそこだけど、もう雨はいやじゃ~寒いんじゃ~!!!
と、超ヘコタレて引き返す。もうお昼だし。
c0106372_0413910.jpg

トイレに行きたくてちょっとファッションモールみたいなとこにいったらフードコートがあり、そこにチャイニーズがあって「麺」が超うまそう。焼きソバであって焼きそばでないような麺である。
それを頼んで食っていたら、正面のテーブルの子供がワタシを凝視していた。
「ハッハア~どうだ!!うまいだろう~ちょっぷすてぃっくの使い方」
と大人気なく麺1本をつまんで見たり、箸の使い方を披露する。

「アイツ、何人やねん」と見ていたかもしれんが、そんなんどーでもいいのだ(笑)
c0106372_0404366.jpg

ここにもあった「回転寿司」なんや巻物見たけど・・・海外で絶対食いたいとは思えないっす。
(大体なんやねん、△に切った海苔のサンドイッチみたいなもん!!)

腹がいっぱいになり、ちょうど次の街に行こうかなと思っていた時間になったので
ホテルに荷物を取りに行って礼をいい、トリアーを後にする。
(写真はトリアーの駅前)
c0106372_0424270.jpg


次なる街、トラーベントラーバッハへ。
で、窓口で切符買ったが、ホーム番号とか書いた紙くれんかったのでさっぱり。
とりあえずホームに行き、DBの制服きたオッサン2人を捕まえ「どこのホームやねーん、どうやていくねーん」
って聞いたら、携帯端末出してきて教えてくれた。

ブライって街で乗り換えて○番線に行きなさいと。
c0106372_0445333.jpg
c0106372_045948.jpg

ザ・ローカル線色ムンムン電車に乗ったらまもなく出発した。
c0106372_046107.jpg
c0106372_0462449.jpg

ブライに着いた頃には雨はあがっていた。
c0106372_046598.jpg
c0106372_0471528.jpg

10分程度待ったら、枝線のトラーベントラーバッハに行く電車がやってきた。
c0106372_0475968.jpg

2両編成。完全なるローカル線である。
これでガタコン揺られてトラーベンの街へ。(続く)

ちなみに道中英語でえらい会話してるフリをしているが
こっちは「こう聞いたつもり」英語で、向こうに読解してもらい答えてもらっている次第。
[PR]

by skyneko | 2009-04-27 23:32 | Trier (独)

アホでもできるドイツ一人旅

さてみなさん(浜村淳風に)
ここからはアホでもできる一人旅のご案内でごじゃります。
英語しゃべれんでもドイツ語喋れんでもガイドブックなくても、手配さえ自分でしておけばその時の記憶と勘でどないなとなる旅の見本である(笑)

フライト ルフトハンザ11:50 LHR-FRA

ヒースロに到着したらルフトハンザのカウンタに行きますが、なんと親切なルフトの自動チェックイン機は日本語がチョイスできるのです。
c0106372_2235260.jpg

いとも簡単にチェックイン!!!
そしてセキュリティに向かうと透明袋(液体もん入れ)あるか~と待ち受ける姉ちゃんがいて、「コレ」と見せたらヘアムースが容量オーバーで荷物を預けることに。
ルフトのカウンタにいったら「え?コレ?」って言われたけど「ヘアスプレーがあるから」というと笑って「そりゃいりますわなぁ」と預かってくれた。
c0106372_22352049.jpg

外は雨。さぶい。
途中の電車でふと気づく。
あ・・・・着替え。下いれてないってことに。
今はいてる膝上のズボンオンリ~である。あうぅぅ。
案内がありさっさと搭乗。
c0106372_22385739.jpg
c0106372_2239964.jpg

ルフトハンザは機内食がでました。シンプルなチーズ(のみ)サンドとお菓子。
c0106372_22262985.jpg


フランクフルト国際空港に到着し、入国審査ですがヨーロピアン以外は別の列へ。
ここで日本人ツアーと一緒になり・・・・
「日本人だけの列は早いです!」とツアコン。
まさに中東系のお方がえんらいなが~く待たされておりました。
ハンコ押してもろーて荷物をピックするのだけど表示どおりエスカレーターおりると「あれ?これからどこへ?」という構造。そのまま突き進むとガラス張りの扉が開くのだけど一瞬「入り口ちゃうんか?」と戻りそうに。

それで荷物をピックして表示どおり電車の駅に。
DBの窓口は空港から出てすぐにあるところは皆いくので混雑しています。
c0106372_2231712.jpg

しかしホームまでの長い通路にもDBの窓口はあり、こっちはガラガラ。
こっちでチケット買えばよかった。
c0106372_2232725.jpg

券売機でも簡単に買えるけど、乗換えがある場合は窓口で買うのが便利。
なぜならプラットホームナンバーが書かれた用紙をプリントアウトしてくれるのだ!
「ココまで行きたいけど2等ちょうだい」
と地図を見せながら言うと効果的。
あっという間にチケットお買い上げ~~♪
c0106372_22334438.jpg
c0106372_22335560.jpg

改札はないのでホームで電車待ってたのだが、トイレがない!!!!!
DBはちゃんとトイレついてるので、車内ですれば大丈夫。
観光地のトイレはお金いるけど、車内なら不要だし紙もついてる。
c0106372_22354474.jpg
c0106372_22355515.jpg
c0106372_2236684.jpg

いざ、トリアーへ。
途中乗り換えのコブレンツまでライン川沿いを走るザンス~
古城がいっぱい。
因みに右側に座ると川沿いでよろしい。
c0106372_22373487.jpg

c0106372_22391294.jpg

コブレンツはライン川とモーゼル川の交わる街で結構デカイ。駅も割りとデカイ。
電車はあまり待たずにやってきた。
乗り換えてトリアーまで。
c0106372_22401984.jpg
c0106372_2240295.jpg

モーゼル川とブドウ畑の間を通り抜けて行く~~
c0106372_2241947.jpg
c0106372_22411837.jpg
c0106372_22413195.jpg

どこで降りるかわかるかな~?と心配してたけど
ちゃんとアナウンス言うし、ドイツ語でも地名だけはわかるから大丈夫。
トリアーはいっぱい人が降りるからすぐに解る。

そしてホテルに向かうも・・・・・・
地図忘れた。日本に。
ホテルの地図をプリントアウトしたのに、仕事中にしたもんで多忙にまみれ書類の山に埋もれた模様。
でもその時見た記憶と手配した時の説明を思い出し、中央の通りをひたすら歩く。
たしかこの通りの右側。
しばし歩くとポルタニグラが見えてきた。
c0106372_22443185.jpg

これに近いと書いてあったので右に曲がってみたらドンピシャで発見~(続く)

フライトはルフトハンザのHPで直接購入。
安いフライトがあるので自分で色々選べる。
因みにコレは1500円+税金で7千円未満である。クレカ決済で完了~♪
決済した際のカードをチェックイン機にいれるだけでOKなのだ。
勿論ANAカードで決済ね。
198マイル加算されていた。

ホテルも55ユーロ程度
駅からと観光地の便利さなどを地図から測定し予約。
[PR]

by skyneko | 2009-04-27 22:31 | Trier (独)
line

旅好き猫の旅日記!!自己の回顧録ゆえたまに時間を遡ります。


by skyneko
line