<   2006年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧


アウシュビッツへ・・・

2006年8月8日

映画「シンドラーのリスト」を見たのが高校生のとき。
それから行けるものなら行ってみたいと思っていたアウシュビッツ。

日本人のガイドの方がいらっしゃるとガイド本に記載があったので
事前にメールにて予約。

クラクフの駅からバスでアウシュビッツまで約1時間である。

バス乗り場の窓口に券を求めていったのだが、そこは長距離バスの切符売り場で
アウシュビッツ行きは地下のバス乗り場に直接行って運ちゃんにお金を払って切符はない。

1時間ゆられ、とある門の前で皆がどさ~っと降りたのでつられて降りたが
「ここであっているのか?」
というただの門。
バスのオッサンに聞こうと思ったらさ~っと帰ってしまい・・・
仕方なく皆が行った方向に歩いていったら
c0106372_1646696.jpg

あった!
レンガの建物。
ここでガイドさんと合流し、見学開始です。
あまりにも有名な門をくぐってアウシュビッツ内見学です。
c0106372_1656467.jpg

監視党と有刺鉄線だらけ。
アウシュビッツには主に政治犯が収容されていたそうな。
c0106372_16571496.jpg

囚人の写真、人体実験の写真
ドイツ軍が囚人から奪い取り、敗戦後倉庫に山積みされていたものを発見された沢山のカバンや靴やメガネや人髪や、衣服や歯など、色んな物が展示されています。
c0106372_16594687.jpg

写真の部屋は「囚人を監視してた囚人の部屋」
囚人を囚人に監視させていたそうな。
そしてドイツ軍の手先になった者には優遇された措置としていいお部屋を。
後のものは石のベット?棚みたいなとこに箱詰め。
そしてこのレンガの建物は囚人達に作らせたものなんだとか・・・
c0106372_1733280.jpg

↑「死の壁」
そしておぞましい地下牢やガス室も。
c0106372_1751666.jpg

長崎におられたコルベ神父もここでお亡くなりになりました。
地下で沢山の仲間が亡くなっていくのを賛美歌で見送られたのだとか。
しかし窓ひとつない地下牢。
人間の「徳」というものについて考えさせられます。

そしてバスにのってすぐ近くにある「ビルケナウ」収容所へ。
こちらがまさに「シンドラーのリスト」や「白い巨塔」に出てきていた場所です。
c0106372_17183898.jpg

物凄く広大です。
c0106372_17192079.jpg

入り口から線路の端まで見えないくらい。
それくらい長い貨車に人を詰め込んでここに送っていたのです・・・・
c0106372_17203854.jpg

今残っている木造家屋は再現されたもので、無残にもレンガのストーブだかが残っています。
1棟にストーブ1個です。
アウシュビッツは相当な湿地帯だったようで、冬の寒さは想像できません。
c0106372_17221171.jpg

入り口の塔の上に上れるのであがってみました。
c0106372_1723756.jpg

この内と外で全く違う世界が存在していたのです。
[PR]

by skyneko | 2006-08-08 02:01 | Auschwitz(PL)

ロンドン→クラクフへ (回顧録)

2006.8.7

月曜日からプチは仕事なので旅に出ることにした。
最初は知り合いが居るのでアムステルダムに行こうと思ったが
意外とオランダの物価が高いのでやめた(笑)

そこで前から行ってみたかったアウシュビッツを調べてみたら意外にもいけそうなカンジがしたので行ってみることにした。
c0106372_19342630.jpg

ルートンからクラクフへはEASYJETでひとっとび。
空港の荷物預けは長蛇の列だが、持ち込みのみだったのでさっさとチェクイン。
この時はまだ液体がどーのこーの言われてなかったので、ボストンバックにポイっといれても持ち込めた。
c0106372_19371887.jpg

聞いていたとおり、座席指定はなし。
チェックインした順にグループが書かれたカードを渡され
「はーい、グループBどうぞ~」
と言われたら早い者勝ちなのだ。
そしてお茶も出ない。格安だから別にそれでよいのだ。
c0106372_19411433.jpg

見えてくるのは「畑、畑、森、畑・・・」
うーん、ホントに街にいけるのか?と思いつつ到着~
どうやらクラクフの空港は軍用機も使うような気配がプンプンしていた。
入国前にトイレにいったら、びっくりするほどゴワゴワで堅いトイレットペーパーだった!
そしてあっという間にあれだけいた人はとっとと入国していた。
c0106372_19441093.jpg

とりあえず現地通貨を1円も持っていないので両替。
「さて、ここから電車にはどないして乗るんかの~?」
聞きたくても聞けるような人は皆無。
とりあえず外に出てみた。
電車に乗るバス停らしき標識。
聞いてみてもバスで市街地へいく乗り場を教えられる。が、おそらくコレでええんだろうとおもたらバスは発車し、森の中で停止。
ハテ?ここに何が?と見たら一応駅と思われるものがあり、電車がきた。
c0106372_1947745.jpg

電車に乗ったらすげー雷雲が。
切符は車内で車掌がくるので「一人~」というと切符をくれてハサミを入れてくれる。
それで完了。
降りるときも改札ナシ。

c0106372_19534776.jpg

駅前は工事中だらけで若干わかりにくかったが
地図を見てホテルになんとかたどり着く。
「ホテルポルスキ」フロリアンスカ門のすぐ前だった。
c0106372_19545954.jpg

c0106372_19554663.jpg

その後、雨もだんだん止んできて
広場を見学した後、ふら~っと適当にお店に入って腹を満たした。
「しゃべれなくても旨いもん食いたい」

メニューをさして「コレは?」「ない」「コレは?」「ない」
ヲイヲイ、メニューに載っててもないって、いったい何が食えるんだ?
指差し本を見せてそこにあるメニューを「これある」と教えてもらって食った。

因みにポーランドのホテルも歯ブラシはなかったので、一番にスーパー探して買いにいった。
ソーイングセットはあるのに、なぜ???
[PR]

by skyneko | 2006-08-07 19:41 | KRAKOW(PL)

ロンドン4日目 (回顧録)

2006.8.6

この日は地元のショッピングモールに連れて行ってもらったのだ。
c0106372_1929342.jpg


スーパーや家具や、服やなどなど沢山の店をまわって
楽しかった~!!!
やはり女同士のショッピングは何時間あっても足りないくらい(笑)
[PR]

by skyneko | 2006-08-06 19:31 | ロンドン

ロンドン3日目 (回顧録)

2006.8.5

この日はプチとヤモちゃんとグリニッチへ。
グリニッチ=標準時くらいしか知らんのですが、素敵な場所でした~!
目の前が公園というパブでランチを。
アタイはアルコール「いただきま~す♪」
非常に飲みやすいビールであったので、アホの一つ覚えのように今後ずっと同じ銘柄を頼み続けます(笑)
c0106372_17423441.jpg

う~ん、ボリューム満点!!!

お腹が満たされたところでマーケットを見学することに。
c0106372_17454242.jpg

家具(椅子とか)なんか「お!こりゃーええ」とおもても持って帰れないところがね・・残念。

その後ヤモちゃんと別れて、地元のスーパーへ。
英国サイズの様々な売り物にビックリしたり。
c0106372_17495685.jpg

牛乳、肉、全部デカイ!!!
乳製品はさすがに種類が豊富!!
日本のような「白い食パン」がない。売ってるパンの塊は大きいが1枚が薄い~(意外)

その後、家の近所をちょいと散歩。
c0106372_17581978.jpg

ロンドンって都会なのに大きな公園もあるし、家には庭があって緑があるし
なんかエェなぁ~!!!
[PR]

by skyneko | 2006-08-05 17:54 | ロンドン

ロンドン2日目 (回顧録)

2006.8.4

この日はプチが仕事であるのでお昼に職場近くの公園で待ち合わせし
プチの友達と合流して一緒にお弁当を食べたのだ。
サンクちゃん、メラニーちゃん、ヤモちゃん、ラブキャリーさん。

ロンドンの豚の角煮弁当、なかなか旨かったがサイズもデカくて完食できず・・・

その後、プチは仕事に戻り、アタイは皆さんに遊んでもらうことに。
ラデュレでケーキを購入し、サンクちゃん宅で食すコトに。
c0106372_17321763.jpg

素敵ングなテラスで至福のヒトトキ・・・・♪
おクレはんがおもちゃのように走り回り、あまりのかわいさにムハムハしたかったけど
多少まだ犬に対しビビリ(昔犬においかけられてチャリンコごと宙を飛んだ)が残っていて
ちょっくらヨシヨシ程度で自己満足(笑)
[PR]

by skyneko | 2006-08-04 17:27 | ロンドン

波乱万丈ロンドン 8/3(回顧録)

以前のHPビルダーで作っていたものを再作成するのが邪魔くさいので回顧録のため作成しておりますデス。


2006.8.3 KIX-LHR
FFP使用

日本では盛夏の8月。真夏のロンドンだぜ、イエーッ!と出かけていったら実はこの年は7月が猛暑だったらしく8月は意外と過ごしやすい印象やった。
しかし水不足やったらしく街の木や芝生は可哀想な色をしていた。
c0106372_1785341.gif

さて、ウキウキでLHRに到着。
えらい長い間ドア開かんな~と思っていたら何と世界のヒースローのPBBが壊れていて飛行機にドッキング出来ず、しばら~くしてからタラップ車がぶーんとやってきて、やっと降機出来た。
地方空港ならまだしもヒースロー空港の地上を歩くなんて貴重だ!!!
と内心喜んでいたのだが、実は最後にドッカンとやってくる悲劇?の幕開けだったのだ。

LHRまではプチが迎えに来てくれ、後は言われるまま同じように切符を買い、ついていって電車に乗るだけである。
新しいプチの家、到着~~~♪
宮尾ススムの如く「ハイ、奥様ちょっと失礼しますよ~」と新居をみせてもらい改修工事に取り掛かる旦那Mちゃんと久々のご挨拶。
でも「ハーイ、Mちゃーん、Mちゃーん(よろしくね~世話になるぜぇの意がこめられている)」程度である(^^;)
[PR]

by skyneko | 2006-08-03 14:29 | ロンドン
line

旅好き猫の旅日記!!自己の回顧録ゆえたまに時間を遡ります。


by skyneko
line