<   2008年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧


讃岐うど~ん

おいしいうどんを食べに行こう!!!

と、帰国したプチ夫婦と鼻息荒く出かけた香川。

前日ネットとうどんるるぶを見ながらいく店を検討していた・・・のに気づかなかった。
第一候補のお店が日曜日定休日だということに!!!
なんたる不覚!!!!あう~~~
(山越ね、山越。日曜は休みだっせ)

んで、2月くらいに深夜番組(ハニカミ)で小池栄子とかが行っていた店
「なかむら」を襲撃することにした。
c0106372_084095.jpg
c0106372_085556.jpg


川沿いの道を走り「あ!!ここちゃうん!!」という場所を通り過ぎてしまい
Uターンで到着するも駐車場に止めるまでに長蛇の列~~~

先にプチ夫婦に降りてもらい、並んでもらうことに。
かんなり並んでいるがほとんど他府県の人とみた。
c0106372_0123297.jpg

うどんはメチャ安。
皆、かまたまをオーダーすることにした!!
おわんにいれてもらい、好きな天ぷらを上に乗せてまいどあり~~。

「だし」は好みでかけるのであるが、一応目安を書いてある。
でも色が薄いので騙され、多めにかけたらえらい濃い味になってしまった。要注意である!
私は春菊ちゃん天ぷらにしたのだが、なんとプチ旦那のMちゃんも春菊というではないか!!
内心・・・・・
「え~Mちゃん、このフレッシュな緑の見た目にだまされてんちゃうん・・・」
と思っていた。
c0106372_0152489.jpg

私も子供の頃、キライだったのだ。この独特な味が。
でもMちゃんはうまい、うまいとたいらげた!!!
すごいぜ、Mちゃん!!!

待った割りにあっさり食べてしまい(笑)次なる店を目指してGo!!
決めたのは「なかむら」を拠点に近い店(笑)
その次いったのはそれほど有名な店ではなく、客層も地元の人~ってカンジ。

しかも待っていたら、近所のオバハンがやってきて
「あら~忙しいの、手伝おか~」といらんことをしたがために
うどん持ってきておっちゃんの前でぶちまけるという派手なコトをやらかしていた。
きっと店のオバハンは「チッ、イランことしよってからに・・・」と思ったであろう。

ここではサラダうどんみたいなのを食べた。
不覚にもこれで満腹になってしまい、生醤油おろし~~は食べずじまいになってしまった。
残念。

お腹も一杯になったので、どこか近場に観光を・・・ってことで
こうでもないときっと行かないだろうなという金比羅山に行くことにしたのである!

あ~あの石段(苦笑)
近づくと、参道手前のみやげ物店から客引きの(駐車場)オッサンオバハンがわんさと出ている。下の道に止めると安いっす。上に行くとちょい高い。
参道途中の土産店に止め、あ~らえっさっさ。
石段を登っていくよ~~~
c0106372_2356484.jpg

こんなん見たら、やる気そがれるわぁ(苦笑)
c0106372_23574229.jpg

金比羅山は「お犬様」の神社でもある模様。
おみくじに「金比羅狗」って金のワンコがついた御神籤があった。
c0106372_23591580.jpg

Mちゃん、たったか登ってオンナ二人を笑顔で待っていたものの・・・
ここが本堂か?と思いきや、まだ石段が続くよと知って苦笑い。
c0106372_001691.jpg

まだ続く階段。げんなり・・・・
c0106372_0134.jpg

やっと本堂についてお参り~~
頂上からの景色はこんなもんである(笑)
c0106372_014876.jpg

c0106372_02882.jpg

ここは海の神社ともあり、船関係の写真等(海上保安庁関係などなど)あったのだが
船は船でもこんなん、ありました~

めちゃ疲れたけど、まぁこれも日本のよき思い出!?
c0106372_035853.jpg

↑コレみて
「Mちゃ~ん、アッハーン♪」
って言ったら通じていた(ばく

行きはちょっとガスがかかっていたカンジだったけど、帰りはまだクリアになっておりました!
与島にて
c0106372_053158.jpg
c0106372_055248.jpg
c0106372_061521.jpg

ちょっとうどん2杯とは後々考えれば「勿体無い!つめこむだけ詰め込め~」(笑)
だが、それなりに楽しい旅となりました。
プチ、Mちゃん、お疲れ様でした!!!

ちなみにETC,今月請求きたけど「通勤割引」だのなんや割引いっぱいついてたみたいよ~

次回帰ってきたときは、近所のセルフの「さぬきうどん」の店も行って見てもいいかも!
それなりに美味しかったよ~(笑)
[PR]

by skyneko | 2008-03-16 00:00 | KAGAWA

さらば~北京よ~またくる・・・かな?

さて、最後の日だけなんだか曇り空。でも寒くはない。
この日は古い町並み(フートン)を輪タクで廻るというものである。
本当は2日目の昼からだったのに、要人が来るとかで故宮周辺などは厳戒態勢になり、輪タクできんかったらしい。

ここでも大量の物売り発生。
いらんちゅーねん。
さすがのスカーフ計70枚オヤジも100枚に挑戦!はしなかった。残念。

「2人組みになってくださいね~」
というので、誰かがあぶれるのを待っていたら
昨晩ハンコを頼んだおばちゃまが3人連れだったので
「アナタ、一緒に乗ってくれない?」というので喜んでご一緒させていただいた。
c0106372_22511048.jpg

このオバチャマ達はタイに駐在しているときに仲良くなったのだそう。
生後3ヶ月の子供を連れ、タイに赴任になり、そこであと2人子供を生んで・・・・
というお話を輪タクに揺られながら聞かせてもらった。
c0106372_22524312.jpg


ちろっと走って、とある橋の前で降ろされた。
日本語喋れる若いオネエチャンガイドさんが説明していたが
じぇんじぇん聞いてないワタシ。
c0106372_2253387.jpg

c0106372_22535421.jpg

c0106372_2254817.jpg

ここでようやく思い出した!!!常に毎日コイツをカバンに入れながらも
せっかくの万里でコイツを撮影するの、忘れたんじゃぁぁぁぁ~~!!!

しかしコレが意外におばちゃん達に大好評であった(笑)
「あら~買ったの?」
「いえ、持ってきたんです」
「かわいいじゃない、ワタシも今度真似しようかな」とおばちゃん。
c0106372_2256827.jpg

こんな風景も
c0106372_22563235.jpg

こんなカンジに。

そして一行は歩いて、とある民家の中へ。
ツアー会社が提携して「民家を見せる」というのをやっているらしい。
常に部屋をキレイにしとかなあかんが、きっといっぱいお金をもらうんやろな~。
c0106372_22574944.jpg

c0106372_2258670.jpg

この家は主人が切り絵をしているらしく、専用の作業場もあった。
一枚、盗み撮りしてみた。(ホントはいけません 笑)←悪いやっちゃ。
c0106372_22584586.jpg

c0106372_2259459.jpg

c0106372_23042.jpg

春節に使ったの??↓↓
c0106372_2303956.jpg

この家の庭には九官鳥がいて、さっすが
「にぃはお」
と鳴いていた(ばく!!

c0106372_2312593.jpg

コレ、北京のはやりなんか、ほとんどの車がこのハンドルにぶっといムートン着用なんだわ。
え~運転しにくないんかなぁ?だってこんなんや
c0106372_2322128.jpg

こんなん、避けなアカンねんで~
(縦横無尽にどこの車線でも走るチャリたち)
c0106372_2323838.jpg

c0106372_2372681.jpg

そして街をちろっと見たあと、また揺られて戻る~
輪タクのほとんどの運転手がじぃちゃんで、チップをあげようか言っていたのだが
もらえないヒトもいて可哀想だし・・・と言ってる間にスマートに渡せずじいちゃんはどっかに行ってしまった。

そして次は茶屋に連行~~~~
c0106372_2382264.jpg

ここで皆、トイレにダッシュする(笑)
さすがにオオサカのおばはんたち、男性陣が
「もう男性おれへんで~」と言ってもちゃんと女性に並んで入りましたわよ!!!
c0106372_23104441.jpg

c0106372_2311215.jpg

色んなお茶を飲ませてもらった。
どのお茶が肝臓にいいとか、説明していたが結構高いし~
それにもうお時間なのよねん、バイバイと去っていった。
でもツアーのじぃちゃんはどこぞ中国で「花粉症に効くお茶」を買って毎日飲んでいると言っていた。
そういえば会社の子も健康診断で脂質が再検査になり杜仲茶をひたすら飲んでいたら・・・
今度はマイナスになりすぎていた(^^;)
お茶も継続すれば効き目があるのかしらん。
c0106372_23135972.jpg

高速道路の料金所で。
でも高速道路のハズやのに~
中央分離帯にすっごい荷物のヒトがいっぱいおったのはマボロシか~!?


さて、空港についた。
一応酒が入っていたのでチェックインするときにゆーたら別のカウンタ連行され(笑)
別途X線を通してカーゴに入っていった。
だって、一回沖縄いった時、沖縄そばに入れる「泡盛の中に唐辛子が入ってる調味料」こーて帰ったら瓶が割れてて関空でくっさい匂いと汁を垂れまくって帰ったイヤな思い出があるのだ。
ちゃんと抜かりなく、席もチェック(通路側だって、真ん中の。でも満席らしいから仕方ない)
マイルも積算して、入国審査へ~。

c0106372_23193589.jpg

アタイのすきな-400さん、お久しぶり♪
c0106372_23201169.jpg

あ!るふとはんざがおる~~と思ってみていたら、目の前をクルーが通過。
c0106372_23205219.jpg

左端のポニーテールのねぇさん、中国人か日本人か?
めちゃ格好いいねえさんでした!!!ステキングクルー☆☆☆☆☆
c0106372_23222887.jpg

c0106372_2322549.jpg

c0106372_23231317.jpg

やはりぶっさいくな土産屋のパンダ。
c0106372_23234573.jpg

c0106372_232425.jpg

絶対オマエら、2メートル超やろ!!というバリボーチームの方々。
c0106372_23245394.jpg

クソ高いグ○コ製品。
なんで1ハコ千円やねん!!買うもんかっ!!(でも種類は豊富)
c0106372_23264071.jpg

あれ?これ値段間違ってる?と思うくらい安かったラーメン。
ネタに買っていたら同じツアーの母子で来ていた唯一若い娘さんが寄ってきて
二人で「ウヒヒ・・・安いぜ」「わたし3つずつ買います!!」
と買いあさる。娘さんいはく「TVでCMしてましたよ、このラーメン」
義兄にやったが感想は聞いていない・・・・

c0106372_23261189.jpg

おどろおどろしい色のアイスクリーム。
のど乾いたけどスタバは長蛇の列・・・・
いちかばちか・・・・
c0106372_23292536.jpg

キウイ味を買ってみた。
まずくはないが、うまくもない。

さて、クイズです。違いはな~んだ。
c0106372_23302731.jpg

c0106372_23305148.jpg

(答)上がボーイング747-400、下がエアバスA340 同じエンジン4つだがな。 

c0106372_2332494.jpg

飛行機はスポットに入っておらず沖止め。
バスに揺られてヒコーキへ。
皆、写真撮影がはじまりました。
おばちゃまが「あなたも撮ってあげる」と言ってくれたのだが・・・・
c0106372_23545233.jpg

・・・このド素人め!!という構図。
c0106372_2334226.jpg

こない撮るとか(タラップを上る雰囲気を出す)
c0106372_23343576.jpg

こない撮れよ~!!!(スタアラ塗装を生かす)
ま、所詮オバハンには仕方あるめぇ・・・・といいつつヲタは撮るよ
c0106372_23353762.jpg
c0106372_23355520.jpg
c0106372_23362040.jpg


さてさて搭乗してみたら、なんと足ひろびろ~の壁の前っす!
帰りは隣のC席(通路挟んで向こう側)のオッサンとアルコール対決となりました。
と言っても
すぐに食事が来ますので、その時にワインを。
んで食事中にシャンパンを追加。
でもオッサンはしこたまビールもワインも飲んでおりました。
さすがに一気に2本はワタシもほろ酔いで・・・・
c0106372_23391375.jpg

c0106372_23393217.jpg

ええ調子で関空に到着しました~~~♪

荷物をとって帰り際。
おいちゃん、おばちゃん達がご丁寧に挨拶をしてくれるので
ワタシも同行者を見つけては
「お世話になりました~(^^)」など喋っていたら
タッチの差でバスを取り逃がす、くぅ。

待ちぼうけしていたら、あたしをいたく気に入ってくれたじいちゃんがやってきて
最後の最後に名刺交換。
「アナタともっと前に知り合っていたら、今日もここまで息子(40歳独身らしい)を迎えにこさせたのに・・・」
じぃちゃん、笑える。

ほんま、ツアーは色んなヒトがおって、めっちゃオモロかった!!!
全然一人でも楽しかった!!!
しばらくは「ちょっと一人で行くには怪しいぞ」国に行くのに、格安ツアーに潜り込むのが最適!!と思われる。
そしてやはり格安は真冬がよろしいなぁ(笑)
旅行時の体調が「イチかバチか」の賭けになるけど。

めっちゃオモロい3泊4日、北京のたびでありました~♪
[PR]

by skyneko | 2008-03-01 23:04 | BEIJING(北京)

おそるべしBeijinのホテルと土産や

さて、前日のクレームのお陰?でぐっすり眠れたアタシ。
そういえばホテルの朝食について触れてなかったなぁ。
バイキングで種類も豊富、おかゆ・パンもあるし、ベーコンなんかもあるし結構いい方だったのですが摩訶不思議中国。

1・ティースプーンはいづこ?

どこにもありません。でも紅茶・コーヒーはあります。一体なんで混ぜろっちゅーんだ?
ワタシは人差し指くらいの長さのストローが置いてあったのでそれで混ぜましたが。
ヨーグルトもあり(書いたかな?このネタ)「具」の入ったヨーグルト。
でもスプーンないし、「ないの?」ってウェイターに聞いても無視。
どうやらストローで吸いなさい、ヨーグルトを状態だったようだ。

2・なぜに粘り気がある、グレープフルーツジュース!!!

粘り気といいましょうか、とろみと言いますか・・・・
一見、果汁絞りたてGFJ。
でも味がなんか変!!グレープフルーツのそれではない・・・・
あまりに怪しいので途中で飲むのをやめましたが。

甘味料たっぷりといったカンジのリンゴジュースのがマシでした!!!


3・おいおい、見本だよ!!

笑えたのが、最終日は土日だったので沢山のヒトがいた。
そして平日にはお目見えしていなかったシェフがあんたの希望を聞いて
オムレツか目玉焼き焼いちゃうよコーナーが出現していた。

ふ~ん・・・数人並んでいる間に「具」をチェック。
チーズ・ベーコンなどなど4種類ほどあり、具の手前に「見本だよ」「こんなの作るよ」とサンプルをおいていた。
日本人、理解度100。
並んで「オムレットぷり~ず。ちーずえん~べーこんプリーズ」なんて言っている。
と、そこへ割り込む中国人。
かっさらうサンプル。

「◎**!&%####!!!!」(訳:こら!サンプルとるな)
「>$$$~!!」(訳:また焼いたらええやろ、ケチ!)

来る中国人、中国人が皆勝手にサンプルを持っていこうとし
シェフが毎回注意。
でもいっぱい並んでるから、並んでまでは食べない(笑)

お~~~~い(^^;)どないやねん。

ちゃんと中国語で
「オムレツか目玉焼きします。並んでお待ちを」って書いとけ!!



そう、ちうごくホテル。
廊下でトランシーバーもったヒトをよく見た。
この人たちの活躍はチェックアウト後、すさまじい働きを見せた。

チェックインのとき、荷物すら運ばずぼ~っとしていた中国人と思えぬ迅速さである。

チェックインして、バスに乗り込んだ。
しかしトイレに行く人もあり、人数を数えたりするのに待っていたら・・・
「お猫様、お部屋のタオルが1枚ありませんが」
と言ってきた。
ハンドタオルがないというのだ。

ワタシはどこのホテルにいっても最後、タオルやバスローブはバスタブにひとまとめにして置いていく。その際、台を拭いたりして1枚のタオルはバスタブへ。

で、もう1枚はずっと毎晩、ベット脇のランプに濡らして垂らしていたのだ。
(乾燥防止ね)
それを見落として「ない」だと~~~!!!!!

「ベットの横にある」
というと発見したらしく、それ以上は何も言ってこなかった。

お次に言われたのが・・・・
「ミスターハンディカム夫婦、ティースプーンが1本ありません」

万里の長城で皆が10個千円で買っていた帽子を
ボラれて5個千円で買って地団太踏んだ、ハンディカム夫婦に危機が!!

お部屋に探しに行くも見つからず・・・・
日本円にして千円近いお金を払わされてバスに戻ってきた。

「寝る前に紅茶作って、横の台においてたんやけど、落ちたのかナイんよ~」

恐るべし中国。
これから中国に来ることがあったら、かえる前の晩に
コップやタオルはちゃんとチェックしておこう・・・・

チェックアウトから10分程度の間に、10室以上もの部屋の備品を即座にチェック。
仕込まれてるな~
工作員並みに(笑)
恐るべし、ホテルスタッフ@ちうごく


それと、バスの中で提携している店のパンフレットが配られます。
パンダチョコや中国土産がいっぱい載ってるもの、それとハンコのパンフが2日目あたりに配られました。

オカンが絵手紙しているので、千円(なんでも千円好きやな~中国)で
○や□で印鑑を作ってくれるという。

字体も選べるし、ほんもんかわからんけど水晶だの石も色々あったので
オカン土産に1本、頼んでみた。
3日目の夜にもらったら・・・・

あり???
□で頼んだのに○印だぞ!?

バスを降りてからチンさんに
「チンさ~ん、□で頼んだのに○がきた~」と注文書を見せて言っていたら・・・

「あら?あなた印鑑頼んだの?どれどれ・・・あら!!いいじゃない!!ワタシも欲しくなっちゃたわ」と、とあるおばちゃま。
チンさんが電話して、帰る日に交換してくれるということになった。
そのお陰で?そのおばちゃんも「わたしもやっぱり欲しい~!!!」
と3つお買い上げになった(笑)
おそべし中国。
ちゃんと即時に確認しなければエライ目にあわされそうだぜ。
c0106372_22442617.jpg

あり?○印だ・・・
この色のみ□があったから、これにしたのに。
c0106372_2245081.jpg

翌日変えてもらった□印。
[PR]

by skyneko | 2008-03-01 21:19 | BEIJING(北京)
line

旅好き猫の旅日記!!自己の回顧録ゆえたまに時間を遡ります。


by skyneko
line