<   2008年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧


次は・・ソウルあたりですか!?

 むふっ♪

ハンジョウ帰りのskynekoであります。

JLは今年2回目のフライト。

1回目はマイレージさえ加算されない国内の激安航空券利用につき
ノンフライトな日々(JMBの画面上)が続いておったのですが

今回びよ~んと関空ー杭州を往復により
なんと、9989マイルになりましたぁ~(・▽・*)


5月に8万5千マイルを交換したのでほぼ「0」に近かったのですが。

年末に神戸~千歳を往復するので、確実に来年中にソウル往復分のマイルは溜まりそうです!!

因みにANAも9千マイルほどあるのだが、年末にちょびっと消えまする。

国際線は絶対通路側を取るのですが
今回、帰りはリクエストも聞かず、勝手に発券して渡すので

「通路側ですか?」
「通路側をご希望ですか?」
「後方通路でお願いします」

と、再度発券してもらったら・・・・・

気づいてよかった。
一緒のツアーのオバハンが荷物の半券を持ってるけど、あたしのにはない!!

慌ててカウンタにいくと、一回破り捨てたチケットに荷物の半券をつけたまま
ゴミ箱に捨てられておりました!!!

おぉ~関空で荷物でてこんかったら泣くとこやったで!!

で、さっさと出国手続きして免税店をみていたら

「skynekoさまぁ~○○番カウンターまでお越しください」
と空港アナウンスが。

なんだ~?と思いつつ行ったら

「skynekoさま、足元の広い席をご希望でしたね。こちら(22H)は座席が倒れませんので、こちらと交換いたします」

と45Hのチケットをくれた。

ん~??

あたしゃ、後ろのほうを希望したんだがね~

(空席あったら移動できるし、トイレ近い)

でも非常口のところなので、足元広々でこれを断る理由はない!!!


実際乗ってみたら、最初にもろた22Hも非常口のとこやった。
その1つ後ろが45H。
22をはさんで前後に非常口があったのだ。

そしてやぱり22は座席倒れない仕様になっていた!!!
(前に中国人の家族が座って必死に倒そうとしてた)

皆様。

国際線の737-800にのるときは45列目が最高でございます(笑)
c0106372_1947034.jpg

↑ちょうどこの写真の非常口の間が22列目
c0106372_19474655.jpg

すぐ後ろの45列目(快適席)
c0106372_19481443.jpg
c0106372_19482496.jpg

ツアーのオッサンに「羽なんかとってどうすんねん」と言われた「はね」(笑)
因みに見える山は四国山地。
ものすごいクッキリハッキリ、地上が見えたようだ。


*************

既にソウル行き分のマイルが貯まっていた!!!
来年の秋にでも行こうかな~♪
[PR]

by skyneko | 2008-10-19 19:50 | 猫のつぶやき

10/16 杭州でリベンジ

くそ~
ワシは朝からイラついていた。

一人で朝食を食っていて、この偽札50元をどうしたろかいなと思案していた。

(注意)ホンマは偽札つかまされたら諦めてつこたらアカンらしです。
すると若い娘さんと来ていた親子連れが、ワタシが一人なのを知っているので
「もしよかったら一緒に河坊街にいきませんか?」
と誘ってきた。

ヨッシャ~!!!
乗った~~!!!のるでぇぇぇぇぇ~~~~!!!!!


即答でOKし、支度をしていざタクを捕まえるも・・・・

つかまらん!!!!!!

いっぱい走っていても客乗せてるし、タク捕まえるのに30分ほどかかってしまった。

でもまんまとやってきた、河坊街。
c0106372_1525238.jpg
c0106372_15251034.jpg

ワシは一直線に昨日の切り絵やにいった。

そして昨日買おうかな~と思っていたやつを「はうまっち」と聞いたら
昨日は35元ちゅーたのに、今日は45というではないか!!
そこでブチキレて
「お前昨日35ゆーたやろ~35にせんかい!」
と35元にして50元をだした。
しめしめ、昨日の50元だ

と思ったら、なんと本物を出してしまっていた!!!
スーパーでもろた釣りと偽札と2枚あったのだ。

すぐに小銭があるフリをして50元を返せといって取り返す。
そして財布をあさり小銭を取り出すも・・・
「Oh~足りない!」とやってみせ(ワシは劇団一人か!)
例の50元を出してみた。

すると・・・そいつ・・・その50元を眺めて
「ノン!!使えない」
と突き帰してきよった。

おのれ~スイッチオンじゃぁぁぁぁ!!!

この50元は昨日お前が釣りでくれた50元だ!
昨日きて30元の買い物をして100元出したら
お前は隣の店から釣りがないといって70元とってきた。
お前にもろたのになんで使えないんだ!
お前がくれたんだろうが!
え~ワレ!!お・ま・え・が渡したんだ!!


こいつとの昨日からのやり取りは全部英語だった。
ヤツは簡単な英語だと理解できるようだった。
でも日本人だとナメられる気がしたので
下手でも英語でまくしたてた。
怒りを全開にしてみて
オラ、警察呼ぶぞ~オーラ満開にしてやった。
この店に来る前、ちょっと近くにポリがおったのは確認済み。
この50元が使えないとしても
このオンナを捕まえておくんなまし!!!!


するとオンナはしぶしぶ「OK」と偽50元を受け取った。
ワシは商品をGetでき、更にアホ女に偽札を叩き返したことで

ぱぁぁぁぁ~~~*(@▽@)***♪
と、ウホウホになったのだ。

帰り、タクの中でこの出来事を親子に言ったら驚いていた!!
「まさか偽札なんて・・・・」

帰って会社でもこのハナシをして中国人C君に「見分け方を教えろ!」と迫ったら
「僕もわかりません。子供の頃つかまされたことがあります」といっていた。
今は何となく透かしとか手触りとかで判別するんだそうだ。

別の友達がタクシーの釣りでフェイクをもらい、気づかずスタバにいったら
ブラックライトが用意してあり、そこで見事「フェイクでっせ~」と見せられたのだとか。
中国のスーパーやコンビニはちゃんとチェックしてるけど、ああいう露店のみやげ物店は要注意。小銭での買い物に限りますな・・・・

あぁ、ワタシがフェイクを叩き返したことにより、また気の毒な日本人旅行者がカモにされたのだろうなぁ・・・ごめんよ。
LEDライトでも光沢で偽札の判別はできるそうです。
中国旅行に行く際は、小銭に換金していくか、LEDライトでつり銭をチェックするのがよいっす。


そして無事にホテルに帰り、空港に到着~♪
チェックインの際、ここで勝手に座席が決められていたので
「通路側にしろ!」
と変えさせる。
そしてしばらくいくと・・・荷物の半券がない!!
なんと交換して捨てられた航空券に半券が付けられていた。
恐ろしいちぅごく!

んでチェックインして売店を見ていたら
ワシ、呼び出し。

なんだ?と思ってカウンタにいったら

「お客様、足元の広いお席を希望でしたね。
 そのお席はリクライニングしませんので、別の足元の広いお席に交換いたします」


へ?
ワシのリクエスト、通路だったのだが
大歓迎!!!
と、早速かえてもろた。
杭州の空港の売店でも関西人(同じツアーでない人)の若いにーちゃんがしつこく値切っていた。
こんなとこでは無理やろ!現にダメだめって言われてるのに
と、成り行きを見ていたら、なんと値切りに成功した!!!!!!!
恐るべし関西人。

c0106372_15302499.jpg
c0106372_15423253.jpg
c0106372_15424196.jpg


帰りの機内はガラガラであった!!
そしてカウンタのねーさんの言うとおり、最初に発券された場所は
足元は広いが非常席の扉と扉の間なのでリクライニングなし!という場所だった。
その1つ後方だったので広々~
c0106372_15442989.jpg
c0106372_15445115.jpg

めちゃ天気がよかったので、四国上空ではかなりハッキリ街が見えた様子。
四国から参加の人が今回は多かったので皆食いついて外見てました。
c0106372_15461096.jpg

c0106372_15463525.jpg

関空について、ツアーの方々と挨拶をして
リムバスにのって三宮まで。
今回もメチャおもろい面々とオモロいツアーでした。

たまにツアーに行くのも面白いので、これからは紛れ込むのもヨシ。
ツアーの場合、一人部屋追加料金が発生しますが
一人でのんびり部屋を独占できるので、これもまたヨシです。
[PR]

by skyneko | 2008-10-16 15:48 | Hangzhou(杭州)

10/15 杭州殺人的疲れたツアー

ここからの行程は鬼だった・・・
なぜなら翌日の出発までの行程をまわり、最終日を自由行動にしたからだ。
まず一向は河坊街へ。
c0106372_14363974.jpg

おみやげやさんがズラリと並んだところなのです。
ここでとりあえず30分ホド自由行動。
裏路地にいってみたらこんなん。
c0106372_14375368.jpg
c0106372_1438652.jpg

日本人が食ったら腹壊すこと間違いなし!なアメちゃん。
c0106372_14383921.jpg

ここは店がいっぱいで時間がいくらあっても足りないくらいです。

ワタスはここで切り絵を買いました。
額に入ったので、なかなかカワユイのもあるのです。
切り絵を売る店は2店舗ありました。
通路の真ん中で売ってる店
バスなどの駐車場に近い壁側で売ってる店。

ワタシが買ったのは駐車場に近い店。
みなさ~~ん、この店は詐欺の店ですからね~~~釣りに偽札を出すんですよ~!
同じきり絵を買うなら、街の中ほどの通路の真ん中の店で買いましょう!!!


ここで30元の買いものをしました。
財布には100元しかありません。
100出してお釣りをもらうのに、釣りがないといって隣の店にいって70元とってきました。

これが問題の70元だったのだ~~~!!!!!!

ワシはバスの集合時間ギリギリだったので
あ、これも欲しいかも・・という大きい切り絵を値段だけ聞いて去りました。

c0106372_144469.jpg

お次は西湖遊覧。
杭州といえば西湖。
遊覧船にのってのんびり~♪
西湖の周りの森の中ではこのように結婚式の写真をバンバン撮ってます。
森にそんなドレスで大丈夫?ってな場所でも撮ってました。
c0106372_14465152.jpg
c0106372_14472219.jpg
c0106372_14473815.jpg

向こうには杭州の街が見えます。
c0106372_14483424.jpg
c0106372_14485188.jpg

そして到着~
その後、またもやショッピングとやらに連れて行かれます。
掛け軸・書関係の店です。
えっちらおっちら、坂の上まで登っていると同じツアーバッジをつけた(でも関東とか九州で色が違う)人が「ごくろーさま~」といって降りてくる。
皆、強制連行のようです(笑)
でも勿論そう簡単に買う人もおらず・・・・
やはり北京の故宮の中でみた掛け軸の方が、いいものがあったかも!?
c0106372_14521956.jpg
c0106372_14523056.jpg

外の売店にあった怪しい「日本の風味」

その後、博物館にもいくのですが、トイレにいっただけですぐそばの河畔で座ってました。
疲れた・・・・
あまりに疲れたので、禁断のブツに手を出してしまった!!
売店に売られていたアイスクリーム・・・・
かっちまったよ。
一番高そう&チョコ味のやつにしたら、まぁまぁ美味かった。
c0106372_14542493.jpg

あ~美しい西湖の夕焼け・・・・
その後、六和塔という山を登っていくところにいくのですが、疲れて眠いのでバスで寝ていました。もうここは希望者のみ行くことでってことになり、元気な人だけがいったのですが
ちょーど夕日が落ちるところで非常にきれかったのだとか。
ちっ。残念。
c0106372_1456223.jpg

そして夕食。ここのは美味かった~~~!!!!

そしてホテルに戻り、ホテル近くに大型スーパーがあるのが見えて
みなわらわらと歩いてスーパーに行きました。
そこで買い物をして、50元を出したら・・・・・・・

「ノン!!ほにゃほにゃ~おにゃ~ら~」
と言われて突き帰された。

えぇ?
金は添乗員にチェンジしてもろたし、怪しいトコで買い物なんか・・・・


はっ!!!そうだ、この50元。
昼間の河坊街でつりでもろたヤツや!!!!

スーパーでほんものの50元をもらって比較するも全然わからん。
でも明らかに偽札をつかまされたらしい


くやしい!!!!!!
あのアホそうなオンナに一杯食わされたかと思うと
無性に腹立たしい!!!!

くそ~~~~
明日、河坊街にリベンジにいくか?でもタクシーでないと行けないゆーてたよな。
一人でタクのっていくほどでもないし・・・・
でも悔しい!!!!!

と、この夜は寝つきが悪かった(笑)
[PR]

by skyneko | 2008-10-15 23:00 | Hangzhou(杭州)

10/15 上海→杭州へ

c0106372_13551090.jpg
c0106372_13552230.jpg

朝ホテルの部屋からの景色。
ご丁寧に最上階・・・しかしエレベーターが遅いのなんの。
無駄な最上階である!!
このホテルの隣にローソンがあったのだが、そこでグリコのコロン「中国シリーズ」などを買っておいてよかった!意外とその後、そういったお菓子を売る店に行かなかったのである~。
c0106372_143273.jpg

北京の風景より上海のがチャリ天国。
朝は自動車そこのけで車道いっぱいにチャリが広がっております。

一向は中国新幹線の「上海南駅」へ。
ここで新幹線に乗って杭州へ向かいます。
本来なら荷物を持って移動するのだが・・・ホテルを早めに出てバスに荷物はおいたまま。

「バスは一足先に杭州へ向かい、皆様をお待ちします」

うそ~ん!?

c0106372_1410288.jpg
c0106372_1410363.jpg

とりあえず団体様はチェックインします。空港と同じようにX線を通り中へ。
でも何度でも出入りは自由。
電車は1時間後の出発ということで、出発前まで自由行動に。
でもこの駅、まだできたばかりか「売店」の表示があっても店が出来てない!
何もないのだ!!!
c0106372_14123035.jpg
c0106372_14125861.jpg

うろうろしていたら、さすがちぅごく。
扇風機を手に電車へ!!
運びたい「ブツ」をむき出しで手に持っての移動が多いのです。
c0106372_14135716.jpg
c0106372_14141031.jpg
c0106372_14142568.jpg

公園と大通りをはさんで向こうにコンビになどが見えるので行こうとしたら・・・
スーパーーカブに乗ったおっさんらがしきりと声をかけてくる。
そしてしつこい!!
追いかけてくるしキモイので駅に戻ることにした。
c0106372_1416955.jpg
c0106372_14162340.jpg
c0106372_14163788.jpg

そして時間になったので新幹線へ。
結構長い。10両以上はある。
そして中に入ったらもっとオドロキの仕様が!!!
c0106372_1417587.jpg

なんと、車両の真ん中半分から後半は前向き。
前半は後ろ向きの異様な向かい合わせ式。椅子は固定。
だから席によっては進行方向と反対のままなのだ。
そしてちょーど真ん中にはテーブルが・・・
c0106372_14204655.jpg

でもさすが新幹線!?売り子がやってきます。
コーヒーのみですが、しわくちゃのナイロン袋に入った紙コップを取り出し、手にしたポットからコーヒーをジャーッ。きっとあの超うすいネスカフェなんだろうなぁ・・・
何人かのツアーのオッサンは買ってました。
c0106372_14233542.jpg

速度は大体MAX160程度だったような気がする。
それで1時間ほどで杭州につきます。
c0106372_14251821.jpg
c0106372_14253243.jpg


杭州の駅で大量の人が下車。
迷わないように着いていくのですが・・・ふと横を見てギョッ!!
さすがちぅごく!!壊れた部分はガムテープで補修!!!!
ええんか?
160キロ出るけどええんかぁぁぁぁ~~~?????

駅について女性陣はトイレにダッシュ!
出てきたらなんと、ツアーバスがちゃんと待っていた(笑)
やるやん、運転手!!
でも杭州の駅を出てすぐ、以前いけた道がどうやら工事中かなんかでいけんかったようで
曲がっちゃいかん!
なんでやねん!!
みたいに、立っていた警察と怒鳴りあいみたいになってしばらく押し問答が続いた。
結局バスは言われたとおり、大回りして目的地へいくことになったのである。
[PR]

by skyneko | 2008-10-15 13:57 | Shanghai(上海)

10/14 上海の続き

ツアーですからね、本とは「ここで買い物してまーす」と言っておきたいけどそれは無理。
豫園に入ります。
庭の石とか建物とか、いっぱい見すぎてど~でもいいっす(^^;)
c0106372_21295998.jpg
c0106372_21301531.jpg
c0106372_21304123.jpg

ちょっと微笑ましい親子写真。
そう、見ての通りなぜか異様に白人だらけなのです!!!
c0106372_21313180.jpg

他の地方よりさすが上海ですなぁ~。
ここは人が多い&時間が長い&空腹でたいがい疲れたっす。

その後近くの店で昼食であります。
「ビール飲みたいわぁ~」と言っていたら、同じように一人で来ているおいちゃんたちが
「昼一緒に食べたら飲ませてあげるよ」というのでノコノコついていき、おいちゃんにビールを御馳走になりました(笑)だって、アタイが欲しいのはコップ1杯だけだもーん。
その後、若干自由行動の時間があったのでさっきのにぎにぎしい豫園商城へ。
c0106372_21343835.jpg
c0106372_2134503.jpg

ここで元町の南京街で売っていたパンダちんストラップを発見。
色んな色があるので買ったら1個250円というではないか!!
(元で言われたが、換算したら250円だった)
「250円だったら日本で買えるからいらない」
「いくらだったら買う?」
電卓でやり取りでたった3つなのに値切りに成功(笑)

その後、上海博物館に行きます。
この博物館、一度出たら入れません。
ささ~っと見て外の噴水あたりでまったりしようと思って
「一回出てまた入れる?」って聞いたら「ノン!」
えぇぇぇ~~~~
時間をもてあまし、ツアーの人たちは各階のベンチでそれぞれ喋っていたようだ。
一応こんなんが展示されてます。青銅器など興味のある人は見ていたようです。
c0106372_21393467.jpg

c0106372_21401736.jpg
c0106372_21402986.jpg
c0106372_21404863.jpg

↑このツボ、青がとってもキレイでえぇ感じだった
ふつーの写真はおもんないので暇だし「芸術的アングルでとる!」と遊んでみた。
横から張り付いて撮ってみたバージョン
c0106372_2142345.jpg
c0106372_21421841.jpg

下から見上げてみたバージョン
c0106372_2143072.jpg


その後また民芸品店に連れて行かれた。
確実に北京と同じ水晶だとかの置物たちを見たあと、店で買ってね!なのだが
北京の方が洒落たものがある。
小さい水晶のブレスレットを手に持っていたら
「今日は特別!3千円」と言ってきた。
「え~2千円なら買う」と冗談でゆーたら「OK」というではないか!!!
えぇぇぇ~そんなすぐ値下げするなら1500円やわ!と思いながらその場を離れる。
別のオバチャン、おいちゃんと話していたら
「よし、おいちゃんが値切ったろ」というので再びそのコーナーにいったら
「あなた、さっき買わなかったのでもう2千円で売ってあげません」というではないか。
いわんわい!ボケ!!売ってあげませんって何様ぞ!」
ムカツクので1円も投資したらんかった!!

その後やっと晩御飯。
北京ダックで有名な「全聚徳」へ。
c0106372_21501635.jpg
c0106372_21502981.jpg

いや~ここの北京ダックは北京で食った「身がいっぱいで皮がちょびっとついた」ものと全く違う、それはうま~いものが出てきたっす。

そしてさっさと飯を食ってから、ツアーの某夫妻と昨日の夜お会いしたコウさん夫妻と一緒に上海の街に別行動で繰り出しました~♪

コウさんの高級車でぶんぶんかっ飛ばしていきます。
バスは大きいのでさほど思わなかったけど、自動車ではリアルに怖さが・・・!!
「人が出てくるのに怖くない?」
「大体、止まる止まらない(歩行者が)は何となくお互い解るから事故は少ないよ」
c0106372_2202543.jpg
c0106372_2204382.jpg
c0106372_2211818.jpg

「ここに来なきゃ、上海に来た意味がないよ!」という場所だそうです。
でも普通、ツアーでは来ないらしい。
なぜって地元の人が沢山いすぎてツアーだと迷子が出るから。
たまたまこの日はいつもより人が少ない(いつもは夜でも歩けないくらいらしい)ので
ぶ~らぶらできました♪
凄いネオンがキレイなのです!!!
c0106372_2232148.jpg
c0106372_2233918.jpg

ちょっとお店に入ってみました。
c0106372_22408.jpg
c0106372_2241146.jpg
c0106372_2242142.jpg

色んなモン、売ってます(^^;)
その後オープンカフェでお茶をしながら色んな話を聞きました。
40歳代で巨万の富を得ている夫婦なのですが、考え方がすばらしい!!
とてもいい話を聞けてヨカッタです。
なんかこうやってる自分が普通ではできない体験をしてるコトに感謝!!といつも旅行で感じるのです。
c0106372_2281660.jpg

↑コウさんがこーてくれた甘栗。メッチャ美味かった!!!
因みにこのコーヒーは杏仁味で超甘いのです・・・・
c0106372_2293229.jpg
c0106372_2294493.jpg
c0106372_2295631.jpg

↑この店がめっちゃ美味しいゆーてた店かな?

その後、コウさんが遠回りして色んな景色を見せてくれながら
ホテルに帰りました♪コウさんの車。前日は違う高級車だった・・・
c0106372_22111432.jpg

[PR]

by skyneko | 2008-10-14 21:46 | Shanghai(上海)

4日目 10/13 上海うろうろ

さすがに疲れてきた4日目。
あぁ~うまいクロワッサンとコーヒーの朝食が欲しい~!!!
毎朝、ささっと朝食を済ませてから再度部屋で1杯19円のブルックス(持参)を楽しむのが唯一の楽しみ。
今日もバスにのり上海市内を観光。
まずは魯迅公園前で降ろされる。公園内をてくてく歩いていくと・・・
c0106372_1852484.jpg

いきなりの光景にビックリ!!!
公園の鉄棒とかすべてにジジイが群がり、腹筋とかストレッチとか「トレーニングジム」化しているのだ!!!しかも皆、超真剣。高校時代の部活以上に真剣!!!
遊具は遊具であって遊具ではない!!!
ここでは鉄柵でさえオバハンが足をあげてストレッチしよるし、コナミスポーツもどきになっているのだ!!!
c0106372_1884562.jpg

更に進むと至る所で太極拳、バドミントン(これも真剣。オグシオ並みのシャトル打ち)をわんさかしている。
そして音がなっている場所は・・・
c0106372_1894747.jpg
c0106372_1895430.jpg

ウリナリ!社交ダンス部があちこちにある~~~!!!
そして皆「ナリキリ」
舞踏会に出てるかのようにうっとりかつ、女優のように踊っているのである・・・・
むむむ・・・恐るべし中華人民共和国民!!!
っていうか、なんで平日の朝にこんなに公園に人がおるのん???
c0106372_18105233.jpg

ちょっと金持ってそうな年寄り衆は、こんなんに乗って集まってきます。
公園を圧倒されながら通り抜け、多論路文化名人街へ。
c0106372_18113956.jpg

c0106372_18125746.jpg
c0106372_18131283.jpg
c0106372_18133056.jpg

ガイドさんの説明を聞きながら歩いていくのですが・・・
ナニを説明していたのか、まったく覚えてない始末。
c0106372_1816676.jpg
c0106372_18162590.jpg
c0106372_18163845.jpg
c0106372_18165793.jpg

レトロな町並みを通り抜けると、いきなり上海の大通りに。
そこには2009年に開催される万博の広告がいっぱい。
c0106372_181823.jpg

万博の為に会場周辺(とある海側!?エリア)はすごい勢いで開発されているのだとか。

c0106372_2164015.jpg

その後、またバスに乗って今度は「お茶や」に連行。
外灘近くのお茶の店に連れて行かれました。
工事現場もいっぱい。
c0106372_2175443.jpg

昨日登った「森ビル」が見えるよ~。角度によって色んな形に見えるのです。
c0106372_2184837.jpg
c0106372_218571.jpg

ひととり色んなお茶を飲まされ買わされ(笑)
またバスに乗って今度は上海の下町といわれる豫園に。
バスを降りて少し歩くのですが、その間に物凄い「物売り」がしつこいのなんの!!
パチモン腕時計5個千円、ビトンの財布5つ千円(といいつつ、財布は2つか3つであとは小銭いれとかキーケースを見せる)などなど、断っても断っても湯水の如く沸いてくるのだ!!

同じツアーのMrパンチは一見、パンチパーマのごつい親父だがとても親切さん。
一種でコイツら、Mrパンチを見抜いて群がっていく。
またパンチも財布だすし~~~!!!
パンチ嫁「もう!お父さん、あんなんかいよる!いらんのに!!」
オバハンで群がり、またMrパンチから千円ぶんだくった中国人が握り締めた千円をムリヤリ数人で手を押さえ開きお金を奪い返し、商品を「いらんわ!」と押し返す関西人・・・
でもMrパンチはこの旅で確実に3人の売り子から財布・時計等を買ったと思われる。
c0106372_21164798.jpg

豫園の手前は凄い商店街。(豫園商城)ここはもんの凄い人です!!!スリに注意!!
c0106372_21171518.jpg

美味しいと有名なショーロンポー屋さん。長蛇の列。
(続く)
[PR]

by skyneko | 2008-10-14 18:14 | Shanghai(上海)

3日目 10/12 無錫旅情だぜ~

「The 有頂天になれないホテル」の朝食は凄かった!
食べるもんが「カステラのようなケーキのようなパン」しかなかったのだ!!
正確にはワタシの口にあうもんが、だが・・・
だって朝からあぶらっこいオカズは無理だし、水で薄めた豆乳・超うっすい粉オレンジを溶いたぬるいオレンジジュースもどき、激薄ネスカフェとかやもーん。
ありえん・・・・
カステラパンを2つ紙につつみ部屋に戻り、持参したブルックスのコーヒーで食す。
あ~部屋に湯沸かす装置だけはあって助かった!!!
(このホテルはボロいが水はミネラルウォーターのタンクがあった)

バスにのってホテルからの狭い路地を抜け、通りにあるなんやしらんしょーもない観光地を最初車窓から見るだけやったのに
「ちょっとだけ降りてもいいです」ってことになり
バスも路駐やったんが、一瞬だけそこの駐車場に入ったら、係りのヤツが飛んできて
「金払え!」
「一瞬やんけ!」
という中国人同士のバトルが繰り広げられてしまった。
恐るべし・・・結局添乗員が払っていたが、Uターンするくらいだったのに金をぶんだくる中国。
身内(中国人)からでも金はとるべし!!

無錫といえば
♪だぁ~あれもしらぁ~ない~異国のまぁ~ちでぇ~♪
の「無錫旅情」しかしらん。しかも歌手、違う人で覚えてたし・・・・
まずは「太湖」へいって遊覧船にのるっす。
c0106372_02481.jpg
c0106372_021882.jpg

ほんま、めっちゃええ天気。
大体、中国の天気は基本「曇り」らしい。ツアーのおっさん達も中国常連さんが「珍しい、こんなに晴れるなんて!」というくらい。
ツアーの中に偶然、私が3月北京に行った際、かえる日に北京にやってきた人がいた。
私は最終日のみくもりで後は快晴だったのに、4日間ず~~~~~っとどよんでいたらしい。
c0106372_072593.jpg

↑これは北京空港(3/1)ずっとこんな空だったらしい。↓今回もまたこんな快晴。
c0106372_08338.jpg

デッカイ遊覧船でとろ~とろ、1周するのですが、途中船の乗組員のオッサンが小船のオッサンに怒鳴りつけ、船を止めさせた。
うぉ~またバトルかい!
激しい怒鳴りあいにバトルとおもたら・・・・
c0106372_010589.jpg

オッサン、船のエンジンとめて船底を覗き込む・・・・
c0106372_0103860.jpg

そして目方量りだす・・・って商売かいっ!!!
どうやら乗組員のオッサン、漁師から直接交渉で安く魚を譲ってもろたらしい。
ガイドが言うには漁師もえぇ値で売れてお互いよろしいですな、って事やったらしい。
因みに魚は白身らしいが、日本人には淡水魚=臭みがあるのであまり口にあわんらしい。
c0106372_0115527.jpg

船を降りてまたバスに行く途中、桟橋からみた船、さすがやんけぇ~!!!
古野電気のレーダーついとるし!!!
(プロジェクトXを見てご存知の方も多いだろうが、魚群探知機・GPSなどのトップメーカーなのよねん)

そして次は真珠の店に連れて行かれた。
最初に茶でもてなされ(真珠の粉がはいっとるとか言いよったな・・・)皆で真珠取り出す実演販売もどきを鑑賞。
c0106372_019734.jpg

貝1個に20個くらい入っとるらしい。
でもよ~く見ると、質は・・・ってカンジなのでここでは購入ナシ。
オバチャマたちは真珠の粉の入ったクリームだの、安い安いと大量買いしていた。
しかし真珠が売れないので店員は「いくらなら買いますか?」と弱気な交渉にはいったが、誰も買わなかった・・・。
まぁ、ええやん。クリームいっぱい売れたからさ。
c0106372_022994.jpg

ぱっと見はきれいだけど・・・でもねぇ・・・
でも入れ違いで別の日本人ツアー団体がやってきていた。
こうやって入れ替わり立ち代りやってくるんだろうなぁ・・・・
(この光景は今後も続く)

c0106372_0232354.jpg
c0106372_0233825.jpg

昼飯を食ってから、錫恵公園へ。
c0106372_0251770.jpg
c0106372_0253032.jpg

ごめんね、添乗員さん。説明じぇんじぇん聞いてませんでした。
だって・・・寺は興味ないんだもん。
c0106372_0261778.jpg

やっぱり派手な線香。
ここでの思い出。あ~トイレ行きたいなぁ~と思っていたら、ツアーのおばちゃんもガマンの限界だったらしく、皆が説明を聞いている間に二人で猛ダッシュ!してトイレに駆け込んだ(笑)
田舎のちぅごくのトイレの特徴
昼間でも真っ暗(建物の奥だから)でも電気なし。わおぅ!!
「暗いよぉ~キモイよぉ~」唯一の救いは水洗ってことか・・・・
c0106372_0293257.jpg

また戻って説明聞いてる間に蚊に噛まれた。かゆい!!
そんなんなら、ここで茶してたかったぁ~。

そしてまた一行はバスに乗り込み、一路上海へ。
因みにこの日のバス走行距離は250キロ。
前日は350キロなので前日よりマシなのだが、おもっくそ爆睡こいてる間に景色は段々都会になってゆき、大都会、上海についた。(つづく)
[PR]

by skyneko | 2008-10-12 23:48 | Wuxi(無錫)

3日目 10/12 外灘はきれかったぁ~@上海

バスは上海に到着した。
上海市にはいってからも相当走ったので、相当広い市と思われる。
楽しみにしていた上海の夜景のオプションを申し込むのだ!!!!

夜景ナイトクルーズを申し込もうとしたら、記載のない「森ビルと海中トンネルのツアー」があるらしい。そのほうが夜景がきれいに見えるし(船は混んでるし、いいポジションをGetできなければ夜警を見れない)森ビルとやらは今年オープンしたばかりのいっちゃん高い展望台があるビルとか言うので、そっちにした。
オプションを申し込むつもりの人は結局全員、そっちに流れた。

まず、夕食までに上海の伊勢丹の前で降ろされ、30分だけ自由行動になった。
行くアテもないので、ぞろぞろパチモンの店についていったが韓国で見たパチモンより劣る気がしたし、高いのでさっさと店を後にした。
その後、車に轢かれそうになりながら
「弾丸チャレーンジ!!」と道路をダッシュで渡り、伊勢丹の周りの店をうろついただけだった。
ここでも通りには「5つ千円」でパチシャネル・パチグッチの腕時計を売りに来ていた売り子だらけだったが、今思えば話のネタに値切り倒して友達の土産に
「パチ腕時計」を買っておいてもよかったなと思った。
大体、5つ千円の腕時計か5こ千円の財布売りだらけだ。

夕飯は「上海蟹」
シーズン突入だし、ちょっと期待したら・・・・
c0106372_0453955.jpg

出てきたのは拳大のち~こい蟹!!
って、これ、どこ食うんじゃい!!!!ってくらいだったので、途中から食べるのを辞めた。
ち~ち~吸うだけかっ!!
カニは剥いたらベロ~ンと身がないとアカンのじゃ~~~!!!
店内には売店もあり、色んな魚介類が売られていた。
c0106372_0473192.jpg

飯を食ったら全員で外灘の夜景鑑賞である。
ここは暗い・人が多いのでスリに注意!との事だが、売り子がすごいのなんのって!!
時計売り・財布売り・刺繍のタペストリーや夜に電気を発してくるくるまわるオモチャだの
しつこ~~い!!
「センエン!センエン!!」
「500円なら買う」(買う気がないので言ってみる)
「センエンでもヤスイよぉ~!!」と文句いいよるし。
で、そいつらを蹴散らして
c0106372_19303576.jpg
c0106372_19304956.jpg
c0106372_1931663.jpg

夜景を堪能~♪

ここでOP申し込んだ人は地下トンネルとやらを通って反対側(TV塔のある方)へ移動。
地下トンネルってなんやねん?と思っていたら・・・・
c0106372_19324146.jpg

こんなスキーのゴンドラみたいなんにのっていくのですがね
想像以上にオモロイの~~!!!
光のトンネルを抜けていく、ってカンジでしょうか!!
c0106372_19333538.jpg

幻想的な光のイリュ~ジョンを見ている間に、あっという間に到着。
c0106372_19342111.jpg
c0106372_1936981.jpg

c0106372_1938843.jpg

そんでまたバスに乗って「森ビル」とやらに到着~
高さは世界一の展望台とやらへGo!!
c0106372_19414731.jpg
c0106372_1942139.jpg

エレベーターで「あっ」という間に展望台へ。
c0106372_19423644.jpg
c0106372_19425140.jpg
c0106372_19434034.jpg

94階の展望台より更に50元払うと最上階の展望台へいけるという。
ここにきて50元ケチる理由があるだろうか!!
c0106372_1948984.jpg

ってな訳で登ってきた。
部分的に床がスケルトン。夜でもこの上に乗るのはビビリます!!が、
「あなた!せっかく50元払ったんだから、この上のりなさ~い♪」
というオバチャマに引っ張られコワゴワ・・・ケツかゆいっす~~!!!
c0106372_19513984.jpg

でもさすが最上階の夜景は94階と違っていた~!!!
c0106372_19543034.jpg
c0106372_19544516.jpg
c0106372_1955870.jpg
c0106372_19555076.jpg

最上階で「ぎえ~」だのエキサイトしたが、ここは確実にお金払ってでも登るべし!場所であった。この日は上海も星が見える(なんてことは年間を通してありえないほど少ない)夜景鑑賞にはバッチリな日だったので遠くまでそりゃ~きれいに見えたもんです。
因みにこのビル。79~93階、つまり展望台の真下まではパークハイアットホテルなのでリッチに優雅に夜景を堪能したい人はホテルの外灘側に宿泊するとこの夜景が堪能できるっす。

外に出てもまだしつこくビルを撮影するワシらご一行。
c0106372_19583683.jpg

ホラね、お月さんも出てるし。
c0106372_1959754.jpg
c0106372_19591769.jpg

因みに森ビルのお向かいさんもホテルざんす。(どこか忘れた)

夜景鑑賞から帰ってきたら上海のホテルへチェックイン。
ここでツアーの某夫婦の友達という中国人の夫婦がロビーに来ており、一緒にお茶をした。
そして翌日、夫婦が案内してくれるのに便乗できることになった!!
いや~一人で来るとこういうラッキーな事に便乗させてもらえるのである♪
因みに上海のホテル。
隣にローソンがあって非常に便利でした(笑)
[PR]

by skyneko | 2008-10-12 23:47 | Shanghai(上海)

2日目 10/11 蘇州その2 (今更かよ~)

 自分の旅記録の為とはいえ2ヶ月も遅れてしまった!!
記憶が薄れる前に書いてしまわねば!!!
(まだワタシのメモリーは64MBくらいです。誰か2GBくらいに増設してください)
実は今TVではサブが船の上で熱唱しています!!
って紅白かよ~ヲイ~~~~!!!!

それよりもっと。タイむスリップしてちぅごくへ。
c0106372_22581768.jpg

「あ~喉かわいたぁ~」
と言っても自販機があるわけでもなく、さっとコーシーすら飲めねぇちうごく。
アイスに引き寄せられるも正露丸の世話になるのはゴメンですってことで自制。
c0106372_2304100.jpg

世界遺産「留園」をさらっと見物したのち、今度は刺繍工場へ・・・
しかし初めて見る中国刺繍はとってもすばらしいもんでした!!
しかし値段もすばらしい!!!
c0106372_2311670.jpg
c0106372_2312770.jpg

別に飾る家もないしな~ってことで財布の紐は緩まず。

夕食後、今回楽しみにしていた「山塘街」の運河遊覧っす!!
ツアーが36人ほどでデカイ船に乗ると添乗員が全員に説明できるけど、小さい船だと2つに分かれるよ~でも狭い運河に行くには小さい船じゃないとね~ってことで、船を2つにしてもらい運河をただよう・・・
c0106372_235138.jpg
c0106372_2351726.jpg

く、くさい・・・・
「道頓堀とこの河とハマるならどっちだ!」
というと躊躇しそうな汚さ。
毎年阪神が優勝しそうになるとTVで「いかに道頓堀がババチイか」というネタがTVで放送されるが(目に入ると病気になりそうとか)、間違いなくこの運河の水も飛沫が目に入ると・・・結膜炎あたりになりそうな予感さえ漂わせるかほりと色。
c0106372_238463.jpg
c0106372_2385991.jpg

最初は大きい運河をぶーらぶら。
途中から狭い運河に入っていきますが、船一艘でギリギリの幅をゆきます。
でもこれこれ、これやねーん、ワタシがみたかったのは!!
c0106372_2391337.jpg
c0106372_23103194.jpg
c0106372_2310513.jpg

皆、船の前後の甲板に出て写真とりまくり(笑)
周りの店では沢山の人がディナー中でした。
で、途中で狭いながらも「ガンッ」と着岸し、街の中を通ってバスに帰りますが!!!
一歩運河から街の通りに出ると・・・
c0106372_23123730.jpg

キタネーーー!!!!!
強烈なすっぱい臭、いたるところに放置されるゴミゴミゴミ!!!
そして音もなく現れ轢きそうになる電動バイクたち。
c0106372_23135390.jpg
c0106372_2314648.jpg

あぁ、運河の感じのよさから一気に興ざめ(だけどこれがちぅごく)

そして・・・・蘇州のホテルについて愕然。
木の扉を開くと・・・まぁ6日でサンキュッパだからね、仕方ないけどね的ホテル。
「バスタブにつかるのは絶対よそう」と思わせる浴槽。
シャワーは滝だね、滝(穴つまってんねん!)
わしゃ修行僧か!!という状態でシャンプーして
とっとと寝たっす。
[PR]

by skyneko | 2008-10-11 23:45 | Suzhou(蘇州)

2日目 10/11 蘇州 その1

行商ツアーの朝は早い。

ホテルからホテルへ点々とするツアーをワタシは「行商ツアー」とよんでいる。
毎朝起きてシャワー浴びて、着替えて化粧して飯食って
部屋に戻ってコーヒー飲んでトイレでひとしごと(あら、失礼)
集合は8:00ゆえ、起きる時間は普段と変らない~

ここのホテルの朝食はこの後の日を考えると最上級であった!!

オレンジジュースがイヤに甘い「昔飲んだゴムジュースの味」だったが
それも最高に美味かったと記しておこう。

とりあえずバスはホテルを出発してひたすら走る。
そしてワタシは眠る!!!
1時間以上は走って、やっと10時頃だったろうか?トイレ休憩があった。
そこから5月に開通したばかりで杭州と蘇州を結ぶ「杭州湾海上大橋」を渡るのである。
c0106372_20562916.jpg

とりあえず長い。
そして河ががババチイ。
c0106372_20572437.jpg
c0106372_20573389.jpg

なんでもこの河、潮の加減で流れがすごい勢いで逆流するだったかで
建設上、とても難しいものだったらしい。
でもこの橋のおかげで移動時間が非常に短縮されたのだとか。

昼飯に蘇州の郷土料理を食ったのち
さてさて、お決まりの「シルク工場」ね~
c0106372_2104639.jpg

またもや日本語堪能なスタッフがお出迎え。
前回と同じく、シルクの塊の端を持たされ「びよ~ん」と伸ばしてみたり、布団を作る工程を説明されたりして「興味ないよ~ん」とウロウロしていたら、ふと枕が目に入ってきた。
圧縮パックされた枕。持ち帰りは楽そうだ。
見本はふわふわで気持ちがよいし、お値段を聞くと4千円くらいだった。
ここでついつい枕と、ついてにシルクの枕カバーを買っちまう。

c0106372_21331311.jpg
c0106372_213322100.jpg

その後、寒山寺へ。
有名な寺=ヒトがいっぱい=ウンザリ・・・
ちぅごくの寺の線香はデカイ!!
火がボーボーついたまま立てちゃったり。(蝋燭も赤くて・・・)
c0106372_2136565.jpg
c0106372_21371486.jpg
c0106372_21372483.jpg

ちぅごくの「絵馬」みたいなもん↓
c0106372_2138124.jpg
c0106372_21382421.jpg
c0106372_21385193.jpg

この寺には「日本語と韓国語を勉強している」僧がおります。
メガネ君は何かと「○○を教えてくれ」といいます。
ワタシが教えたのは「ドコモ茸」→ツアーのカメラマンの鞄についていた。

因みにシルク工場で買った枕!!
大正解~~めっちゃキモチえぇわぁ~~~
北京では思いもつかんかった。

枕・布団本体は差がないと思うけど、布団カバーの柄なんか見ていたら
やっぱり北京の店の方が洗練されていたかも!!(種類も豊富だったぞ)
[PR]

by skyneko | 2008-10-11 21:03 | Suzhou(蘇州)
line

旅好き猫の旅日記!!自己の回顧録ゆえたまに時間を遡ります。


by skyneko
line